野生の雉

今日は野生の雉(きじ)の写真を撮るのに成功しました。

鳴き声はよく聞くのですが、姿を見るのは稀です。

今日はうちの近くまで来たのでパチリと。

人間が近づくとトコトコトコッと逃げてしまいます。

野生動物を見るとつい嬉しくなってしまうのはなぜでしょう。

すごく得をした気分です。

この地域は、いろんな動物が出ます。

ほとんどがあまりありがたくない生き物です。

農作物を荒らすのであまりありがたくない生き物は、猿、鹿、アライグマ、あなぐま、狐、狸、もぐら、ねずみ等。みんな見ると可愛いのですが、何しろ食害が多くて、スイカ、マクワウリ、トウモロコシなどの甘い農作物は必ず食べられてしまいます。

どうやって動物たちから作物を守るかがカギになる里山の暮らしは『ぜったいに食べるんだ!』という動物よりも強い意志が必要だと思います。

必ず食べられるトウモロコシ。今年は種まきをするかしないか迷うところです^^;