野生の雉

今日は野生の雉(きじ)の写真を撮るのに成功しました。

鳴き声はよく聞くのですが、姿を見るのは稀です。

今日はうちの近くまで来たのでパチリと。

人間が近づくとトコトコトコッと逃げてしまいます。

野生動物を見るとつい嬉しくなってしまうのはなぜでしょう。

すごく得をした気分です。

この地域は、いろんな動物が出ます。

ほとんどがあまりありがたくない生き物です。

農作物を荒らすのであまりありがたくない生き物は、猿、鹿、アライグマ、あなぐま、狐、狸、もぐら、ねずみ等。みんな見ると可愛いのですが、何しろ食害が多くて、スイカ、マクワウリ、トウモロコシなどの甘い農作物は必ず食べられてしまいます。

どうやって動物たちから作物を守るかがカギになる里山の暮らしは『ぜったいに食べるんだ!』という動物よりも強い意志が必要だと思います。

必ず食べられるトウモロコシ。今年は種まきをするかしないか迷うところです^^;

春の香り

たくさんのよもぎを練り込んだ『よもぎパン』の生地です。

柔らかめの生地で食べやすくしています。

今年も母と一緒に摘んだよもぎ。

5月限定のパンです。

春の香りお届けいたします。



今年も始まります

桜の花も散り始め、例年通りに今年も稲作の準備に取り掛かっています。

まずは、昨年種採りしておいた種もみを選別して浸水させる作業です。

これをすると『今年も始まり始まり!』という気分になります。

いままでは塩水選といってかなりの高濃度の塩水を作り、沈んだものを選別していましたが、ただの水でもかなり選別出来ることがわかり、来年からは水選別だけにしてみようと思いました。

この後に、温湯消毒をするのですが、昨年うっかりし忘れてしまいましたが、特に悪影響はなかったので、今年は省略することにしました。

狭い田んぼに4種類のお米を植えます。

種を混ざらないようにとても気を使います。

今年も良いお米がとれますようにと願いながらの作業です。

段ボール箱

発送に使用する段ボール箱についてなのですが、みなさん、どのようにお考えでしょうか?

私はいつも、もったいないな〜と思っています。

一度使われると捨てられたり燃やされたり、、、。

リサイクルして使う場合も多いかと思いますが、私は出来るだけリユースしたいな〜と思い発送には使用済みになった段ボール箱を使用してきました。

ゆぴベーカリーのパンの発送には、私がお買い物をしたときにいただいてきたものを使用することがほとんどです。

いつも適当なサイズで食品が入っていたものを選んでいます。

プレゼントなどのお使い物の場合は無条件で新しい段ボール箱を使用しますが、いままでの3年間、自家用にされているお客様で新しい段ボール箱をご希望されるはお一人もおられませんでした。(新しい箱を希望される方は遠慮なくお申し出くださいね)

小さな店だから出来ることではありますが、これからも続けていきたいと思います。

WordPress Theme by sumowp.com